我が家のラブラドール快くんのうひょうひょ日記

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
Daiお兄ちゃんにできてKaiにできないこと
2008-05-24 Sat 20:46
niigatashinshu343.jpg

会社から帰宅する時。
快はもうその時間が近づいてくるとそわそわしている。
犬は身体の中に時計を持っていて、「もうそろそろ・・」というのが分かるようだ。
で、いよいよ・・私が退社の準備をし
「さあ~快くん帰ろうか・・ハイ・・リードは?」と言っても
快は、リードの入れてある籠の周りをウロウロするだけでリードを持ってくることが分からない。
外でノーリードで遊んだあとに「ハイ、リード」と言うと
どんなに遊びたくてもちゃんと聞き分けよく前に来て座るのに・・
まだ「物」←「名前」が理解できないのかも。。

晩年のDaiは「帰るよ、リードは?」と言うと
その籠からリードを咥えて私のもとまで持ってきていた。
時々、時間があるときに快にもソレを教えるがまだ分からないようだ。

まぁね、アンタはアンタのいいところがあるし
まだまだお兄ちゃんの年より若いからね。

年を経るごとに、(私は年をとるだけだけど・・)
犬との関係や、犬の理解できること、訓練で教える段階も変わっていくのが本当だ。
それがおもしろいけど、コレまた難しい。
いつまでもこちらが同じような感覚で接していると、どうも犬はあきるらしい(先生曰く)
成長に応じてもっと頭を使わせるとか・・難しいことを要求するとか・・
難しいけど、おもしろい。
年齢に応じて、理解度がますごとによくなることと悪いクセと出ることも。
犬が成長するんだから、飼い主も成長しないとね。
おもしろい・・けど、分からない・難しいが本音です。

そそ。。
この間の「きょうのわんこ」で
洗濯籠を持ってきたり、持って行ったり・・
お手伝いするチョコラブちゃんが出ていたゾ。
快・・・・頑張りや~
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<忘れられない脚側行進 | Kaikun日記 | 悪いクセ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Kaikun日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。